入社式は日本独自の儀式!?

欧米では新卒一括採用を行っていません。必要に応じて職務を明確にし採用します。そのため、企業に入社するという意識はあまりありません。日本では、一括で採用し、一緒に働く社員の一体感を醸成するために入社式を行っているのです。

就活生に求める能力とは?

企業が採用で最も重視する能力は「コミュニケーション能力」です。コミュニケーション能力は5つの能力から成り立っているといわれます。企業によって求める能力が異なります。就活生のみなさんは、相性の良い企業と出会えるように積極的に活動しましょう。

採用担当者の意外な一面が見えるかも?

企業の採用担当者と食事をしながら話ができるイベントがあります。同じ釜の飯を食べると初めて会ったとしても、親近感がわいてきます。そのため、思わず企業の採用担当者が本音を話してくれることがあります。就活生のみなさんは、積極的に参加しましょう。

技能実習制度を知っていますか?

技能実習制度を安い労働力を確保するための制度と思っていないでしょうか。技能実習の理念として、「労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」と明記されています。もう一度理念に立ち戻った仕組みづくり、制度運用をしなければなりません。

2018年も労働関係の法律が変わります!

2018年1月には改正された職業安定法が施行されました。4月からは労働契約法の改正により無期契約への転換申し入れができるようになります。しかし、賃金格差が解消されるわけではありません。みんなで幸せになるためには、賃金格差の解消が必要です。

日本の若者は勝ち組!?

OECD(経済協力開発機構)の基準では、卒業後に就職できる日本の多くの若者は勝ち組になります。それは、日本独自の新卒一括採用という仕組みがあるからです。世界基準では就職しやすい環境を十分に活用してください。

非正規社員の賃金引き上げが重要!!

正規社員と非正規社員の賃金格差は大きく、個人および家庭の収入の格差につながっています。そのことが、幸福度が低い要因の一つになっています。非正規社員の賃金引上げ、収入格差を縮めることによって、幸せを感じる人が多くなるのです。

トヨタの固定残業制で残業時間は減る?

トヨタが固定残業制を導入しました。新聞報道では高く評価され、まねようとしている企業もあるようです。しかしながら、制度をまねて導入するだけでは、残業時間は減らないでしょう。制度よりも制度を活かすための施策を学ばなければならないのです。