生活する一覧

あなたは、睡眠不足になっていませんか?

あなたは、睡眠不足になっていませんか?「東京西川睡眠白書2018」によると、約半数の人に不眠症の疑いがあるといいます。また日本人の7割が睡眠に不満だといいます。睡眠不足では、作業効率が落ちるといいます。幸せになるためにも、睡眠を大切です。

日本の年金の所得代替率を知っていますか?

受け取り始める年金額が現役世代の年収と比較してどのぐらいの割合か、を示す所得代替率が厚生労働省とOECDでは大きく違います。厚生労働省の試算を鵜呑みにするのではなく、なぜ違うのかを自分で考えましょう。考える癖は幸せになるための第一歩です。

健康寿命は最長を更新!!

健康寿命は最長を更新しているようです。しかし、まだまだ平均寿命とは差があります。その差が、介護等が必要となる期間になります。その期間を短くするには、まず自分から積極的に情報を集めましょう。それが、健康づくりの最初の一歩になります。

所得が増えれば幸せになれるのでしょうか?

一定の所得までは所得が増えれば幸福感が上がります。しかし世帯年収400万円以上になると、年収が増えても幸福感は頭打ちになります。一定の所得は必要ですが、それだけで幸せになれるのではなく、日々の健康、良好な家族関係も満たされて幸せになれます。

あなたは何歳まで働きますか?

ロック・フィールドが、定年および再雇用上限年齢の引き上げを発表しました。厚生労働省の調査では、65歳以上定年もしくは定年を廃止している企業が全体の19.7%あります。働きたい人が働ける社会の実現に向けて、動き始めている企業があります。

高齢者の世帯が貧困化している!?

65歳以上の高齢者がいる世帯のうち、27%の世帯が、生活保護基準に満たない収入で生活しています。高齢者世帯の収入の60%以上が公的年金ですが、年金給付費は減る傾向にあります。自分自身ができることを早めに準備するようにしましょう。