半夏生の今日、高校生採用もスタートします!

毎年、七十二侯の一つ、半夏生のころから、高校生採用がスタートします。高校生も「全就職」時代と言われています。しかし課題としては、スケジュールが短期間であること、企業からのアプローチの難しさがあります。解決策はあるのでしょうか?

どのようにすれば、仕事の精度と速度を上げることができるのでしょうか?

働き方改革といわれる中、あなたは、もっと仕事を早く終わらせたいと思っていませんか?7つの脳内物質の働きを知れば、能力は2倍になるといいます。特にドーパミンとエンドルフィンの分泌は幸福感につながります。どうすれば、分泌されるのでしょうか?

日本企業の賃金に革命が起こるのでしょうか?

日本経済新聞朝刊に「賃金革命」というコラムが4日間連続で掲載されました。賃金革命の初回は、新入社員の給与に差をつけることでした。賃金は入社する企業を決めるのに大切な要素ですが、それだけでは幸せになれません。幸せになれる道を考えましょう。

AIによる採用選考はますます広がるでしょう!

就活生は余裕のようですが、企業の採用担当者は、内定者の引き留めと採用活動で多忙を極めています。この負担を軽減するためにAIの活用が進められようとしています。ところで、AIはどのようにして、エントリーシートを採点するのでしょうか?

コンピュータに日本人の仕事の半分が奪われるのでしょうか?

株式会社野村総合研究所やイギリスのオックスフォード大学が、ほぼ半分の人が職を失うという、恐ろしい研究結果を発表しています。みなさんは、この発表よりも先にコンピュータによって仕事が奪われるという警笛を鳴らした日本人がいたことを知っていますか?

あなたは70歳まで働きますか?

経済財政運営の基本方針(骨太の方針)を見ていくと、労働力を確保するために65歳以上のいわゆる高齢者に働いてもらうことを考えているようです。そうなると、年金の受け取り開始が70歳になり、それまで働くのが当たり前の時代が来るかもしれません。

日本の年金の所得代替率を知っていますか?

受け取り始める年金額が現役世代の年収と比較してどのぐらいの割合か、を示す所得代替率が厚生労働省とOECDでは大きく違います。厚生労働省の試算を鵜呑みにするのではなく、なぜ違うのかを自分で考えましょう。考える癖は幸せになるための第一歩です。