転職35歳の壁はなくなっているのでしょうか?

あなたは、転職は35歳までと言われていたのを知っていますか?

35歳を超えると転職は無理、と言われていたのです。

「言われていた」と過去形にしたのは、40代でも50代でも転職ができるようになってきた、と思えるような調査結果が公表されているからです。

以前のブログで取り上げた大卒求人倍率を公表している、株式会社リクルートの人と組織に関する研究機関であるリクルートワークス研究所の調査結果を取り上げます。

調査は、従業員規模5人以上の全国の民間企業を対象に、2018(平成30)年10月9日~11月13日の期間、電話とFAXを使って行われました。

2018(平成30)年度上半期に中途採用を実施した 3,383社の回答を集計しています。

中途採用した企業の約5割が40代でも採用

2018(平成30)年度上半期に中途採用した企業の採用年齢層を聞いてみると、

  • 10代・20代  58.1%
  • 30代      66.8%
  • 40代      48.8%
  • 50代      22.9%
  • 60代以上      5.9%

でした。

中途採用を行った約5割の企業で40代の採用実績があるのです。

50代でも2割を超える企業に採用実績があるということです。

大卒求人倍率は、企業規模によって大きな差がありますが、中途採用の年齢層も差があるのでしょうか?

7割の大企業が40代を採用

従業員 100~299人、いわゆる中小企業の採用年齢層を見てみると、

  • 10代・20代  51.5%
  • 30代      58.4%
  • 40代      42.9%
  • 50代      21.6%
  • 60代以上      6.8%

従業員 5,000人以上の大企業では、

  • 10代・20代  74.2%
  • 30代      85.4%
  • 40代      70.0%
  • 50代      32.6%
  • 60代以上      6.0%

でした。

従業員 5,000人以上という大企業でも、40代を7割、50代を3割強の企業が採用しているのです。

昔、転職市場でよく言われていた転職35歳限界説は、人手不足のためか、覆されたようです。

年齢を理由に転職をあきらめる必要はないということでしょう。

そういえば、私が最初に転職したのは34歳になる直前。

その後、35歳を超えてからも何回か転職を行いました。

直近の転職は49歳。50歳になる2ヵ月ちょっと前でした。

40代で複数回の転職を経験しました。

私の経験から言えることは、転職において35歳の壁は乗り越えることができるということです。

大切なことは、年齢にかかわらず、必要とされる知識や知恵を身に着けることです。

人生 100年時代、いつもでも必要とされる知識や知恵を探しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。