ものすごく暑い夏!インターンシップも花盛り!

2018(平成30)年7月7日の日本経済新聞朝刊に、「大学3年生、はや就活」という記事が掲載されていました。

以前のブログで、2018(平成30)年6月1日について、「2019(平成31)年卒業就活生の採用選考開始日であるとともに、2020年3月卒業予定者(現在の3回生や大学院1回生等)のインターンシップエントリー開始日でもあるのです」と書きました。

インターンシップもだんだんと前倒しになってきているようです。

就職情報大手のマイナビが行った調査結果について、見てみましょう。

6月末までにインターンシップに申し込んだ人は約7割!

この調査の概要は、

  • 調査対象:「マイナビ2020」会員のうち、「2020年春」卒業予定の大学生・大学院生
  • 調査期間:2018(平成30)年6月19日(火)~6月30日(土)
  • 調査方法:WEBフォームにて回答
  • 有効回答数:6,038名

と、公表されています。

なお、有効回答数の内訳は、

  • 文系男子:1,036名
  • 理系男子:   812名
  • 文系女子:3,240名
  • 理系女子:   950名

と、なっています。

もともと「マイナビ2020」に登録している人が対象ですから、インターンシップへの参加意欲が高い人が多いとは思います。

そのような人たちに、「インターンシップについて、今の状況」を質問したところ、

  1. 今後、参加するインターンシップの具体的な予定がある 34.2%
  2. 申込みはしたが、まだ具体的な予定は決まっていない  30.0%
  3. どの企業に申し込もうか選んでいる          20.4%
  4. 参加したいが、何をしたらいいかわからない        8.3%
  5. 6月にはいって1回以上のインターンシップに参加した   5.7%
  6. インターンシップには参加したくない          1.4%

と、なったようです。

もうインターンシップに参加した人から、インターンシップへの申込みをした人までをあわせると、約7割(69.9%)になります。

インターンシップで何を学べばいいのでしょうか?

インターンシップを行う企業が増え、知名度が上がってきたことが、参加者の増加につながっています。

受け入れる企業の負担もかなり大きなものがあり、特に1日だけのインターンシップが増えてきています。

だからかこそ出来るならば、1日だけのインターンシップではなく、長期のインターンシップに参加して欲しいと思います。

何度か書いていますが、私は企業との相性が最も大切だと考えています。

企業との相性を頭ではなく、肌で感じることができることに、インターンシップの意義があると考えています。

ですから、最初から絞り込まず、視野を広げていろいろな企業のインターンシップに参加することをお勧めします。

それが、幸せな就活につながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。